歯科診療で使う機械の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科で虫歯を治すときには

新着情報

歯科治療で神経を保護する物

歯科に治療に通った場合、虫歯になっている部分を削りとって、失った部分は色々なもので埋めますよね。さほど大きくない虫歯については、レジンを充填することがあるでしょう。もっと大きな虫歯については、治療後の型を取った大きさに作られた銀などの金属を埋めることもあるのです。歯の骨髄をむき出しにしたまま、レジンや銀を入れると骨髄が炎症を起こしてしまったり、神経に刺激が与えられて痛い思いをすることもあるのです。そうならないように骨髄を保護するものがベースメントなのです。レジンを充填する場合も、骨髄に刺激を与えそうな場合はベースメントを埋め、その上にレジンを充填する場合もあるのです。その辺りの判断は歯科医師によるものなので、医院によって処置は異なるでしょう。

ベースメントで歯を保護する

歯科治療が使用されるセメントは、実は多くの種類があるものなのです。一回の治療で複数のセメントを使用することも、当然あることなのです。そのうちの1つがベースメントです。歯の神経が刺激を受けないように、炎症を起こさないように、保護をする目的で使われるセメントなのです。処置の方法は歯科医師によっても異なるようですが、虫歯の処置をした後にレジンセメントを充填する前に深い虫歯の場合はベースメントで処置をすることもあるのです。いきなりレジンセメントを充填した場合は、神経に刺激が与えられてしまう場合もある為なのです。