歯科診療で使う機械の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科での虫歯の治療法

新着情報

歯科の治療法と抜歯について

近年では歯科の治療技術が向上しており、歯を抜かずに残す方向性へ進みつつあります。歯の治療において状態が悪く手がつけられない状況では抜歯が行われますが、加齢によって徐々に歯は失われていくものである為、できるだけ避けるべき最終手段となります。しかし、歯科によっては抜かなくても良い歯を抜いてしまう場合があり、後々後悔するパターンが存在しています。主に抜歯が必要となる状況は、虫歯や歯周病が歯の根元に深刻な影響を与えている場合や、親知らずの生え方または噛み合わせの問題が酷い時になります。よほど酷い状況でない限り、歯を抜かなくても治療できる可能性がある為、後悔しない治療法の選択が大切になります。

虫歯を抜歯するパターン

虫歯になって歯科へ行ったとしても、必ずしも抜歯するわけではありません。進行度合いがひどくなると確率は高まるのですが、具体的には根本や内部まで侵食されている、菌により歯周病が発生している、かみ合わせに影響がでてしまっているといった場合です。歯並びが悪い場合には隙間に菌が溜まりがちになり虫歯になるリスクも高まりますし、なってしまった場合にも重なっている部分に拡がる懸念もあります。また軽度の虫歯だからと勝手な判断で治療を放棄してしまうと、細菌が広がり悪化することもあります。出来るだけ定期的な歯科検診を心掛けましょう。